巨人小笠原/カッスレ

    bg_heaven_tengoku


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/18(火)22:11:28 ID:i1U
    神の子・急逝

    かねてよりガン治療を告白し闘病を続けていた格闘家・山本KID徳郁の最期を、カスの子小笠原チ○コ道大こと巨人小笠原が見届けていたことが18日わかった。
    当初は手足のある乙武こと高山の見舞いに訪れていたカッスだったが、山本の容態が急変したことを知ると面白そうな方を選んで病室を訪れた模様。

    瀕死の山本を見るや「ガンが全身に回ってるじゃないか!」と真っ黒な刺青を勘違い
    「(闘う者が苦しむ姿を見せちゃ)いかんでしょ」と入室4秒で飛びキン〇マ蹴りを顎に叩き込んで殺害。ベッドのコーナーに立って「ヤバイ、オレかっこ良すぎる!」と雄叫びを挙げた。

    この騒ぎを聞き付けたダルビッシュの穴が激昂しながら入ってきたが所詮はマンコ。
    タックルされると孕ませ固めでアヘアヘ喘ぎカッスのイチモツを愉しむ本能に堕ちたが、魔裟斗の的確な金的によりキン〇マを脱臼し無事死亡した。

    この件に関して大正義巨人軍・高橋監督は「早すぎるよー!」とカープの順調なマジック減少を嘆いていた。
    なお、カッスは次の五輪にレスリング出場で間に合わせる模様。

    【巨人小笠原、山本KID徳郁の最期を看取り死亡】の続きを読む

    sud011-桃太郎-鬼退治


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/26(木)00:46:30 ID:zLl
    昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行くと、川から巨大なキン〇マがシャカシャカ走りで流れてきました。

    女を見つけ勢いよくキン〇マから飛び出した巨人小笠原は、その場でおばあさんを強〇。
    「これが子どもも産めないマ○コか」と近年の少子化問題に嘆き射〇すると、ご自慢のキン〇マ袋をひっさげて子どもたちを攫う鬼を退治する旅に出かけた。

    イヌ、キジ、サルを次々とご自慢のイチモツで獣●し仲間に加えると、あっという間にハーレムチームを形成。
    道中では栃木近辺にてブタによる猛烈なアピールもあったが、チームの高齢化を危惧する巨人小笠原は「お前では役に立たんしち○ぽも立たん」と一蹴した。

    イヌが車内で熱中症により死亡するハプニングはあったが、なんやかんや鬼ヶ島についた巨人小笠原御一行。
    女に溺れる鬼を「俺にも抱かせろ」とイチモツごと粉砕すると、動物たちも愛護団体の声を盾にするなど試合を優位に進めていったが、
    ヒゲを生やした鬼が金棒をフルスイングする光景に巨人小笠原は突如として謎の頭痛に襲われる。大歓声の中アーチを描き右中間に運ばれていく金玉を決め手に、そのまま思い出して死亡した。

    作者の大正義巨人軍原監督は、「パンダはいつになったら鯉退治してくれるんだ?」と後任の不甲斐なさに嘆いた。
    なお次回作には間に合う模様。

    【巨人小笠原、鬼退治に行く】の続きを読む

    20180709-00000010-wordleaf-0b07854d7ea8db4f723f3d47ff4dee490


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/08(日)22:52:34 ID:cTA
    停滞する梅雨前線の影響による記録的な豪雨により、河川の氾濫や土砂崩れが多発。
    この報せにいても勃ってもいられなくなった畜生がいた――

    人類史の汚点こと巨人小笠原終身名誉死刑囚(44)である。

    カッスはお得意のシャカシャカ走りで助走すると、
    背中に金玉を生やし、そのまま飛翔。現場に到着した。
    避難所では「78人?どうせなら334人死ねよ」「被災者の匂いは臭いんだな」と
    被災者を激励。
    途中、避難していた児童らに金玉を捻りつぶされるハプニングがあったものの、
    避難所は「ファッキューカッス」の大声援に包まれた。

    そして、カッスは土砂崩れの現場に向かった。
    「飽きたし死〇でもするか」と述べると、土砂に巻き込まれた住居に突入。
    死体を見つけると、「いい死体だ」と言い、そのまま強〇。絶頂射〇。
    休憩しようと地面から出たところ、大きなもぐらが現れたと勘違いした自衛隊員らにスコップで叩かれ、無事死亡した。

    この件に関し、大正義巨人軍原監督は「雨に流されてほしいものが流されなかったね(ガックリ」といい、
    柿澤、内海らが五体満足であることに心を痛めた。

    【巨人小笠原、豪雨被災地に向かい無事死亡】の続きを読む

    ht5


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)11:02:15 ID:rdo
    日進月歩の宇宙技術に期待とイチモツを膨らませるのはご存知巨人小笠原終身死刑囚内野手(44)。
    居ても勃ってもいられなくなったカッスは遂にロケット開発を決意した。
    早速カッスは讀賣の痴呆(92)から金を奪い、ラボ炎上(27)にロケットを開発するよう強要。見事カッスの〇液を燃料とした新型ロケットが完成。「HOMO9800号」と名付けられた。
    打ち上げ当日、集まった観衆を強〇し終えたカッスはロケットに乗り、打ち上げの時を待っていた。「3、3、4、ち~ん(笑)」の合図と共に白濁液が巻き上げられ、カッスは宇宙へ飛び立った。
    途中北朝鮮のミサイルと勘違いされ撃墜されるハプニングがあったものの、カッスは無事性層圏へ到達。ここで丸い地球とキン〇マを重ね合わせたカッス。自らのキン〇マを見ようとしたが、眼に飛び込んできたのは見るも無残なシナキン。
    燃料切れに気づいたカッスだが、時既に遅し。ロケットは墜落し、カッスが目を冷ますとそこは北海道大樹町。カッスは謎の頭痛により死亡した。
    このことについて巨人高橋由伸監督(43)は「やっぱり炎上はダメだね」とコメント。投手陣の奮起を促した。

    なお、次の打ち上げには間に合うもよう。

    【巨人小笠原、打ち上げ失敗】の続きを読む

    10131177403


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月)23:01:11 ID:wSl
    自殺を考えている人からの電話を受け、練炭を配布する非政府団体「カッスのいのちの電話」。
    「絶望の淵にへたりこみ、死を覗きこんでいる人たちの背中にケリを入れる仕事」と代表の男性。
    電話の先の相手がいかに無価値で生きる意味がないか、ねばり強く伝えるのがコツという。
    ち~ん(笑)と電話が鳴る。この日の電話の相手は神奈川県にすむ20歳の男性Aさん(仮名)。
    「やあ、お電話ありがとう。巨人小笠原です。ディカプリオって呼んでほしいな」
    「こんにちはカッス。おれ、悩んでいるんだ。聞いてくれるかい……」
    Aさん(3-8-56)は、ネット上の掲示板に面白半分で犯罪予告をしたところ逮捕されたと話す。
    「周囲の人はもっと悩んでいるぞ。君のせいで……」イ○モツをしごく。他人の不幸はいいオカズだ。
    「ちくしょうめ。もうそれはさんざんいわれた。くそったれ。ファ○キューカッス」電話は切れた。
    怒られちゃったよ。そうつぶやくと彼はいたずらっぽくウィンクし、自分の唇でイ○モツをぬぐった。
    満足して鼻歌まじり、がちゃりと受話器を置くと、電話機とのあいだにはさまれたのはキ○タマ。
    享年37。あまりにも遅すぎる、惜しまれぬ死だった。

    【【再放送】巨人小笠原「はい、こちら『いのちの電話』」】の続きを読む

    このページのトップヘ