• カテゴリ:
    images (28)


    1: 風吹けば名無し 2019/12/15(日) 19:07:35.48 ID:sMjYYF1Lp
    いつものようにあさひが丘駅から乗った電車。磯野波平は尻に違和感を感じた。
    ラッシュの時間帯の混雑した通勤電車、最初は誰かが無作法にカバンを
    押し当てているのかと思った。
    「けしからん!」
    だがやがて、自分の尻に触れているのがカバンの角などではなく、誰かの
    指だということがわかった。

    それもただ触れているわけではない。その指は明らかに、波平の尻を…
    撫で回していたのだ。

    「ワシが…ワシが痴漢されているじゃと?」

    波平も男である以上、混んだ電車のなかで若い娘と密着して、変な気を
    起こしたことはある。だがまさか、このワシを痴漢する者がおるのか…

    【波平「やだ・・・・・痴漢・・・・・!?」サワサワサワサワサワ 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    rikujou_man_marathon (3)


    1: 風吹けば名無し 2019/11/05(火) 09:12:46.42 ID:TIS9YPvsd
    百合子は東京都民の代表だから、少しでも都民の利益になるように行動しなくちゃいけないんだよ。
    自分の仕事に本気で取り組んでいるだけで、百合子はなにも悪くない。
    「ワイさん……」
    百合子はうるんだ瞳で俺をみつめる。連日の会議疲れで、痩せてしまったようだ。
    もう歳なんだから無理しないでくれ。
    そんなこと、百合子が傷つくから言えないけど、いつもそう思っている。

    【マラソンの件で百合子を叩いてる人に言いたい事がある 】の続きを読む

    3197175i (2)


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)17:26:18 ID:Uwo
    同一校から4人ものドラフト指名者が出てお祭りムードのなか、ひとり浮かない男がいた。柿木蓮だ。
    以前はドラ1候補にも目されていた選手だったが、蓋を開けてみればドラフト5位。横川よりも低い評価に内心穏やかではなかった。

    そこへ喪服の全裸を身に纏いリリーフカーで現れたのは、あの世からドラフト1位指名を受けた巨人小笠原(45)。
    笑顔で柿木に近付くと「甲子園に出ていない俺ですら日ハムにドラフト3位だが、甲子園優勝のお前は?」と頭痛で死亡しながら祝福。
    「キン〇マの皮より伸びしろを期待されてない証拠だな」と激励した。
    これには柿木も中指を立てながら満面の笑みで「これをバネにしていつか見返します」と返答した。

    すると畜生は「いつやるか?今でしょ」と根尾との1打席勝負を提案。
    勝てば根尾に代わりドラ1で中日入団、負けたらカッスの代わりにあの世ドラ1、四球など引き分けなら現状維持とルール設定。
    十中八九、根尾が勝つだろうと読んだ作戦だったが柿木は申告敬遠。カッスはそのまま地獄行きとなり無事死亡した。

    この件に関して大正義巨人軍・原監督は、無言で白紙をシュレッダーに掛けていたためコメントは取れなかった。
    なお、カッスは「キャンプを楽しみにしている」と根尾に発破をかけた。

    【巨人小笠原、大阪桐蔭4人衆のドラフト指名を祝い死亡】の続きを読む

    00344730HDK


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/23(火)23:54:16 ID:dwU
    読売の拉致被害者こと巨人小笠原中日二軍監督(43)の元に、安田純平解放のニュースが飛び込んできた。
    これにたまげたカッスはさっそくセントレアからひとっ飛び。安田さんがいるとみられる中東の地へ降り立った。
    中東初体験のカッスは、さっそくアラビア美人を発見。身にまとう黒い布を引きちぎり「コーランの代わりにこれを燃やせばいいじゃないか」「アッラーアクバル」と叫びながら勢いよく射〇。石油のごとく噴出した精●によって男尊女卑の蔓延る空気を一掃するファインプレーを見せた。
    この勢いで安田さんを発見したいカッスだったが、誤ってサウジアラビアへ入国。
    そのままハニートラップに引っ掛かり総領事館に婚姻届けを提出しにいったところを、サウジアラビア皇太子の命により逮捕監禁、その場で斬首された。カッスの腕に巻かれたアップルウォッチと安田さんのトレード成立し無事救出された。

    この件に関して大正義巨人軍の原新監督は「彼の意思を引き継いで頑張ります」と高橋由伸前監督の思いを胸に来季の飛躍を誓った。
    なお5度目の拘束と解放には間に合う模様

    【巨人小笠原、安田純平の解放にかけつける】の続きを読む

    このページのトップヘ